関連サイト

はが野の特産物

HOME > はが野の特産物 > イチゴ

はが野の特産物

イチゴ

 JAはが野のイチゴ「とちおとめ」の生産量は栃木県全体の3分の1を占め、名実ともに日本一の産地となっています。

 そんなはが野管内のイチゴ生産の主な流れについてご紹介します。

イチゴ

11月〜7月 親株の定植〜子苗を増やす

 イチゴは種から育てるのではなく、苗を増やして栽培する作物です。
 苗を増やす元になる株を「親株」と呼び、親株から伸びる「ランナー(子苗)」を増やしていきます。

  1. 親株を育苗ハウスや露地へ定植します。
  2. 親株から最初に伸びた「ランナー(子苗)」を1次ランナー、または太郎苗と呼びます。
    1次ランナーから2次ランナー(次郎苗)、2次ランナーから3次ランナー(三郎苗)・・・といった具合にどんどん苗が伸びていきます。
  3. 1つの親株から約50本のランナーがとれます。
ichigoP1

プランター植えの苗が「親苗」、白いポット植えの苗が「子苗(ランナー)」です。

7月〜9月 育苗期間

増やしたランナー(子苗)を育てていく期間を「育苗期間」といいます。
7月上旬〜中旬にかけてランナーを切り離し、ポットなどに植え替えて育てます。
苗が早く花をつけて早期収穫できるように、わざと低温状況にさらします。

  • 軽井沢町では5月末頃に露地へ親苗を植え、ランナーを増やします。

  • 9月、たくさんのランナーが育ちました。

  • ランナーごとに切り離し、茎葉などを調整してJAはが野へ輸送します。

8月〜9月 定植

8月中旬〜9月中旬に、育てた苗をハウス(本圃(ほんぽ))へ定植します。

  1. ハウス内に高さ30cm程の畝(うね)を作り、苗を2列に植えていきます。
    10アールあたり約7000本の苗を定植します。
  2. 2列に植えた苗の間に、水やり用のチューブ(潅水(かんすい)チューブ)を通します。
ichigoP1

定植作業を進めていきます。

10月 保温開始

定植して1か月後、畝にマルチビニールを被覆します。マルチビニールで覆うことで、保水保温・雑草抑制・果実の汚れ防止など様々な効果が得られます。

  1. 畝だけでなく、通路も全部マルチビニールで覆います。
  2. ハウス内にミツバチを放し飼いし、受粉作業を担ってもらいます。ミツバチのおかげでイチゴはあのきれいな円錐形になるのです。
  • マルチを畝にかけて、イチゴの株間隔ごとに穴をあけています。

  • この箱の中にはミツバチが8000〜9000匹います。

  • 花が咲き、実もなり始めました。

10月〜 収穫・出荷開始

開花後30日〜40日程度(外気温によって変動します)でイチゴの実は大きく育ち、鮮やかに色づきます。
はが野では早くて10月初旬からイチゴの出荷が始まり、6月上旬まで出荷が続きます。

  1. 収穫時の果実の色は時期ごとに決められています。
  2. 収穫したイチゴは生産者が出荷規格ごとに選別・パック詰めするほか、JAのパッケージセンターでパック詰めを行います。
  3. はが野のイチゴパックには、マスコットキャラクターの通称「未来(みらい)ちゃん」がプリントしてあります。
  • 作業がしやすいよう小型の車輪付き荷台にコンテナを載せ、収穫します。

  • パッケージセンターでは農家に代わり職員がパック詰めします。

  • 出荷されたイチゴの品質をJAが確認します。

  • 主に京浜方面へ出荷されるJAはが野のイチゴ。見かけたらぜひ手に取ってみてください。

参考HP:栃木県農業試験場いちご研究所 いちご栽培の1年
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g61/ichigo-joho/ichigo-saibaigaiyou.html

イチゴ狩りは12月頃から5月末頃まで

 

商品・特産物への問い合わせ先

JAはが野 営農部 電話:0285-83-8700

 

 

 

 

ページトップへ