関連サイト

事業紹介

HOME > 環境方針(ISO14001)について

環境方針(ISO14001)について

ISO14001の取り組み (International Organization for Standardization)

ISO 14001

 JAの使命は、組合員の経済的・社会的地位の向上をはかるとともに、安全・安心な農畜産物の提供を通じて消費者・取引先の信頼に応えることにあります。
特に食の安全・安心については、事故米の不正転売問題、産地偽装、輸入商品の安全性等、消費者に与える影響が大きい中、国産農畜産物の大切さ、それを守っているJAの役割について、消費者の皆さんにアピールしていかなければなりません。
こうした背景に対応して、JAはが野は、地域No,1のJAを目指し、環境問題にも積極的に取り組むため、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を2010年5月11日に取得しました。
環境対策は、事業を通じて実践することが最も効果的と判断し、ISO14001の真の狙いに沿って取り組みます。
同時に、全員参加による部門の垣根を越えた活動を展開することで、職場の活性化・意思の疎通をはかり、風通しのよい職場づくりを進めてまいります。

詳細はこちら

環境活動の基本方針である「環境方針」は下記の通りです。
  • 環境方針

     当JAは、「JAはが野ビジョン」にもとづき、経営理念の実践につとめるとともに、事業活動を通して地球の環境保全に積極的に取り組むため、基本方針を制定します。

  • 「JAはが野ビジョン」

     愛・生命(いのち)そして未来へ 私たちは、農を育み自然を守り、地球上すべての生命(いのち)をいつくしみ、JA事業を通して安全・安心を提供し、地域の人たちとともに、心豊かな社会づくりをめ ざして、未来へ飛躍します。

  • 基本方針

    1. 当JAにふさわしい環境マネジメントシステムを構築し、全員の参加により取り組み、見直しを行って、継続的に改善します。
    2. 環境関連法令や当JAが同意するその他の取り決めを順守します。
    3. 事業活動が環境に与える影響を的確に把握し、環境負荷の低減につながる 環境目的・目標を設定して、環境汚染の予防につとめます。
    4. すべての事業活動において、省資源・省エネルギー・リサイクルを推進し、廃棄物の削減につとめます。
    5. 環境方針は文書化して全職員に周知し、実行して、環境意識の向上につとめるとともに、一般にも公開します。

    平成25年5月29日
    はが野農業協同組合
    代表理事組合長 黒崎 宣芳

ページトップへ